ハワイアンジュエリーの魅力
昨年の夏に若い女性達の間でブームになったハワイアンジュエリー 「これは、夏っぽいから…」と眠らせている人もいるのでは? ハワイアンジュエリーと言えば、日本人観光客向けから始まり シルバー、カジュアル…と言った本来のそれとは別の物がイメージとして 定着してしまいました。しかし、本物のハワイアンジュエリーの魅力や 歴史をご存知の方は案外少ないのではないでしょうか?


19世紀後半からハワイのリリウオカラニ女王が身につけていたという
ハワイアン・ジュエリーは現在のハワイでも最も伝統あるジュエリーです。
その起源は、イギリスで流行した、家族や友人への愛の言葉や
思い出の言葉を彫り込んだゴールドジュエリーの「センチメンタル・ジュエリー」だと言
われており、17世紀後半にまで逆のぼります。
その後、イギリスではビクトリア女王が夫、アルバート王子死去の際、喪中用に
身につけた事により、「ビクトリアン・モウニング(哀悼)・ジュエリー」として再流行、
それが、イギリス王室とも関係の深かったハワイ王室、リリウオカラニ女王
(後のハワイ王朝最後の君主)の目に留まり愛用された事でハワイ中に広まりました。

伝統的なものは、14金に黒のエナメルで文字を入れ
たもの若しくはエナメルを使わずに文字を浮き彫りにした
ブレスレットや指輪で、正式には「ハワイアン・
エアルーム・ジュエリー」と呼ばれます。
「代々伝わる家宝」という意味だそうで、母から
娘へと代々受継がれお守りのように一年中身につ
ける特別な宝物なのです。

これは刻まれる文字が、本人・子供・愛する人
などの名前や、様々な思いや願いを言葉に託し
たものであることでもうかがい知れます。
秋の夜長、想像を膨らませながらハワイアン
ジュエリーに想いを馳せる
私でありました…

(取材協力:ハワイアンジュエリーSHOP MIKI DEUX)
http://www.netjoy.ne.jp/~mikideux