サロンナビHOME
ANTENNA 〜皮膚科の先生に聞く・大人ニキビについて〜 Antena
梅田晋嗣先生に聞く"お肌のキホン"
 〜第ニ弾 大人ニキビについて その1〜
「真の皮膚診療」をコンセプトに肌のアンチエイジングと総合的な医療を実践する
梅田先生に特別インタビュー
1.大人ニキビの基本構造
 皮脂が毛穴の中で詰まって炎症を起こすのが大人ニキビの基本構造です。
皮脂腺の活動が最も盛んな10代のニキビとは意味合いが異なりますが、皮脂が毛穴の中で詰まっている点は基本的に一緒です。

2.大人ニキビの原因
 大人ニキビの原因は様々あります。
 例えばお肌の乾燥。 女性で言えば、若年の頃から化粧をずっとしていることがお肌の乾燥を招き、大人ニキビの原因となることがよくあります。 毎日化粧して毎日クレンジングすれば、皮膚の上部の角質が少なくなりお肌の乾燥を招くのです。
 それに加え、10代の頃と比較して血行や新陳代謝が低下し、いわゆるターンオーバーが悪くなり、 新たな角質が作られるのに時間がかかってしまうことも原因としてあげられます。
 毎日の化粧とクレンジングで角質が薄くなり、 しかも新陳代謝の低下で皮膚の内側から角質が作られるのが間に合わない。 角質は皮膚の表面でバリアの役割を果たしています。 その角質が薄く荒くなると、中の水分が逃げていくというインナードライという状態になってしまいます。
 そして、中の水分が飛んでしまうと、それを補うために皮脂が出てきます。 その皮脂が過剰に出すぎて毛穴がつまりニキビになってしまうのです。
 つまり、お肌の乾燥からくる過剰皮脂がニキビの原因となってしまう、それが一番多いパターンだと思います。
 あるいは自分の肌に合わないスキンケアを行っていることも原因としてあげられます。 例えば、オイリー肌の方が流行っているからという理由でオイルクレンジングを利用してしまうと、 毛穴自体をつまらせて、内側から出た皮脂までもつまらせてしまい、ニキビの原因となってしまいます。
 さらに、「大人ニキビ」という名前が付いてしまうほどですから、ストレスや食生活などの 生活環境も原因として加わってきます。
ANTENNA 梅田晋嗣先生に聞くお肌のキホン〜vol.2 大人ニキビについて〜

3.お肌の構造(ターンオーバーとは?)
 表皮という皮膚の表面は、まず皮膚の一番奥の部分で細胞として生まれ、 それがだんだん変化しながら皮膚の表面に押し上げられ、細胞ではなくなり角質になって、いらなくなり剥がれていく。 これがお肌のサイクルターンオーバーです。
 このサイクルは大体28日周期といわれています。 ただ、その28日周期というのは中学生から二十歳以前ぐらいの方だけで、 二十歳以上のほとんどの方が30日〜35日周期、中には60日周期の方もいるといわれています。
 年齢と共にこのサイクルは遅くなっていきますが、遅いということは新陳代謝が衰えているということです。 そこに血行の悪さや食生活の悪化が加われば、またさらに新陳代謝が落ちてしまいます。
ANTENNA 梅田晋嗣先生に聞くお肌のキホン〜vol.2 大人ニキビについて〜

梅田皮膚科クリニック院長・梅田晋嗣先生 梅田晋嗣先生プロフィール
名前:梅田晋嗣(うめだしんじ)
梅田皮膚科クリニック院長
「真の皮膚診療」をコンセプトに、一人一人のライフスタイルに合わせた治療計画を立て、 皮膚を健康に保つための相談や指導に力を入れている。

梅田皮膚科クリニック: 兵庫県伊丹市西台2-6-5
梅田皮膚科クリニック水道橋: 東京都千代田区三崎町3-2-14藤澤第一ビル4F
URL:http://www.umeda-hifuka.com/
サロンナビHOMEへ